よくあるお問合せ

よくある、お問い合わせ

ケーブルテレビ解約について

Q & A


お問い合わせフォームはこちら     無料調査見積のご依頼はこちら

お電話でのお問合せは

0120-66-7023

受付時間
土日祭日も受け付けています

(夏季・年末年始休暇を除く)

AM9時~PM5時まで

強引な営業や勧誘のお電話は致しません、ご安心ください

Q1

ケーブルテレビ解約のタイミングは、
いつが、いいのですか?

A1

お答え

現在、加入されている、

CATVのサービスの内容によって、

アンテナ工事の時期が変わります

テレビのサービスだけの場合と、

ケーブルインターネット(ZAQ)や、

ケーブルフォン(電話)とセット加入では、

アンテナ工事を先行させた場合に、

インターネットや電話のサービスが

使えなくなる事があります
       
ベストタイミングは、

ケーブルテレビの解約工事と、

アンテナ工事を、同時に行う事です

テレビ放送だけのサービスに、

加入されている場合は、

何時でも工事が可能です

インターネット用と、電話用の

ケーブルが、直接引き込まれて

テレビには接続されていない場合

テレビと完全に分離されて

引き込まれている場合は、

いつでもアンテナ工事が可能です    

詳しくは、こちらをご覧ください
  ケーブルテレビ解約専用URL



Q2

ケーブルテレビ解約工事とは、
どこまで、撤去されるのですか?

A2

お答え

ケーブルテレビに、加入された、

原因によって、変わります

電波障害対策でケーブルテレビが

引き込まれている場合は、

ケーブルテレビの専用チューナー

セットトップボックスの撤去のみで、

地上デジタル放送や、FM放送の

パススルーは、停まりません

ケーブルテレビ局や、営業マン、

量販店や、町の電気屋さん等に、

ご自分で、加入申し込みして、

加入されている場合は、

外壁などに設置されている

丸いキャップをかぶった形の、

保安器まで撤去されることがありますが、

室内のケーブルや、増幅器、

分配器等は、撤去されません

引込ケーブルも、保安器も、

残しておく事が多いようですが、

撤去要請をすれば、

有料で、撤去してくれます

解約に伴う、撤去費用、

解約手数料などは、きちんと請求されます

意外と高額なので、覚悟しておきましょう
https://tecnoa.co.jp/swfu/d/ab026.png



Q3

ケーブルテレビは、災害に
弱いというのは、本当ですか?

A3

お答え

災害に弱いのは、事実です

ケーブルテレビの幹線は、
600世帯~800世帯程のグループの

ブロックに、区切られています

ノードと呼ばれています

そのブロックの中心までは、

光ファイバーで送信されて、

O/E と呼ばれる機器から、

同軸ケーブルで延々と配信されています

関西電力の所有する電柱や、

NTTの所有する電柱を借用して、

膨大な本数の電柱を

伝って配線されています

途中の電柱が、1本でも倒れたら、
アウト!

すべて、その先は停波します

阪神淡路大震災では、電柱は、

大部分が倒壊しましたので

当時の神戸ケーブルテレビは
一瞬で壊滅しました

アンテナ受信は、電力さえ復旧すれば、

送信基地局が倒壊しない限り

アンテナでの受信が可能です

この違いは、特にマンションなどで、

非常に大きな問題を抱えています

ケーブルテレビが、引き込まれていても、

アンテナだけは残存しておくように、

㈱テクノアでは、管理組合様や、

オーナー様に、強くお勧めしています

戸建の場合も、同様です

お問い合わせフォームはこちら     無料調査見積のご依頼はこちら

お電話でのお問合せは

0120-66-7023

受付時間
土日祭日も受け付けています

(夏季・年末年始休暇を除く)

AM9時~PM5時まで

強引な営業や勧誘のお電話は致しません、ご安心ください



Q4

ケーブルテレビを解約すれば
NHKも解約できますか?

A4

お答え

ケーブルテレビに加入されたときを

よく思い出して下さい

NHK受信料の割引制度がありますよ!

こんな事を、囁かれませんでしたか?

それは、 NHK団体一括割引 と言います

ケーブルテレビの利用料と一緒に、

NHK受信料が、引き落とされる仕組みですので、

NHKから、受信料の集金手数料が、

ケーブルテレビ局に入る仕組みです

その手数料の一部を、団体一括割引と称して、

NHK受信料が、少しだけ安くなっています

ケーブルテレビの解約と同時に、

団体一括割引も、NHK受信料の

引き落としも、解約されますので、

解約後、しばらくすれば

NHKから受信料の請求が来ます

NHK受信料と、ケーブルテレビの

利用料の引き落としが、無くなっても

NHKとの、受信契約が

解約されたことにはなりません

お問い合わせフォームはこちら     無料調査見積のご依頼はこちら

お電話でのお問合せは

0120-66-7023

受付時間
土日祭日も受け付けています

(夏季・年末年始休暇を除く)

AM9時~PM5時まで

強引な営業や勧誘のお電話は致しません、ご安心ください

Q5

他府県のローカル放送も
アンテナで受信できますか?

A5

お答え

ケーブルテレビは、他府県の

ローカル局を再送信しています

大阪府内で、サンテレビや

KBS京都が、映っていたり、

京都市内で、テレビ大阪が映っていますが、

アンテナで受信する場合は、

他府県のローカル局を

受信できない場合があります

京都市内で、テレビ大阪をアンテナで

受信できるエリアは、限られています

大阪府内で、KBS京都を受信できる

エリアも、限られています

他府県のローカル局の電波は、

非常に弱いために、専用の高利得の

アンテナが必要な場合があります

侵入波として偶然、飛び込んできて

受信出来る場合もありますが

基本的に、他府県のローカル局は

専用アンテナを設置しても、

㈱テクノアの、アンテナ工事の

保証の対象外になります

アンテナ受信が、出来れば

ラッキー! 運が良かったなあ!

その程度とご理解下さい

他府県のローカル局は、地元の府県のみを、

放送配信の対象にしています

他府県に放送を配信するような、

基地局の建設は出来ない事になっています

詳しくは、こちらを参考にして下さい 
        
  放送エリアの目安


Q6

いつ解約の連絡を
すればいいのでしょうか?

A6

お答え

ほとんどのケーブルテレビや

光テレビは、締め日は月末です

加入時の契約書の控えの

解約条項を、再読しましょう

15日前や、1か月前に、

解約を申し出る規約になっています

解約月は、セット割引が適用できないとか、

解約を思いとどまらせようと、

電話では必死で説得されますし、

営業マンが訪問してきます

解約制限の期間内だと、

期限までの利用料を支払う物とするとか、

最近の契約書には、解約制限を過ぎても、

一定の期間内に解約しなければ、

さらに、2年間の自動延長になるとか、

携帯電話の契約に似てきています

加入契約時には、解約のことを、

きちんと掌握し、理解している人は、

現実的には、ほとんどいません、

解約金や撤去工事費を請求されて、

初めて、ええって、思う人がほとんどです

https://tecnoa.co.jp/swfu/d/auto-XVQg6l.png

営業マンも、加入時には、

解約条項を詳しく説明しません

例え、きちんと説明を受けても、

自分に不利な事は、忘れてしまいます、

言った! いや、聞いていない! 

こんなトラブルは絶えず起こっていますが、

契約書面に記載があり、ハンコを押し、

自筆のサインがあれば、言い訳は通りません

平穏無事に、解約が成立する方が、

稀な状況は、何年も前から続いています

契約書の解約条項を、もう一度、精読して、

いつまでに解約の電話をすればいいのか、

カレンダーなどに、メモしておきましょう

なかなか繋がらない解約専用電話に、

イライラせずに根気よく、頑張って下さい
       
ケーブルテレビの月額利用料の、
日割り計算はされません

すでに当月分は支払い済みですので、
月末ギリギリまで、利用しましょう

加入する時は、超簡単ですが

解約する時は、超面倒になっています        


   

テクノアのキャンペーン価格の詳細は こちら


ジェイコムの解約専用ページは こちら

お問い合わせフォームはこちら     無料調査見積のご依頼はこちら

お電話でのお問合せは

0120-66-7023

受付時間
土日祭日も受け付けています

(夏季・年末年始休暇を除く)

AM9時~PM5時まで

強引な営業や勧誘のお電話は致しません、ご安心ください


a:460 t:1 y:3